自然治癒力を高めるメディカルアロマ【医療の道に進もう】

医療技術者になる

メンズ

眼科で視力検査を行なってくれるスタッフは、視能訓練士と呼ばれる国家資格を持っている医療技術者です。視力検査だけではなく、斜視や弱視の訓練治療を行なうこともあるそうです。この視能訓練士の資格を取得するには、年に一回実施される国家試験に合格する必要があります。この試験は誰でも受けられるものではなく、受験資格をクリアしている人のみが対象になります。受験資格には、高校卒業後に視能訓練士の養成施設で3年以上学んでいること、または短大・大学・看護学校などを卒業した後に養成施設で1年以上学んでいることなどがあります。やはり国家資格ですので、誰でも簡単に取得できるということはないようです。しかし、この資格を取得すれば、大学病院や国公立病院、または眼科医院など、比較的就労条件のいい施設へ就職できる確率は格段に高くなると言えるでしょう。

視能訓練士の資格を取得するには、文部科大臣指定の学校か厚生労働大臣指定の養成所に通って必要な知識や技術を学ぶ必要があります。こうした視能訓練士を目指せる学校は、日本各地に複数存在しています。それらの学校の情報を知りたいという人は、看護や医療の学校を比較・紹介している専門サイトを参考にしてみてください。このサイトでは、視能訓練士はもちろん、様々な医療系の資格取得が目指せる学校を多数紹介しています。ボタン一つでパンフレットが請求できたり、各学校の詳しい情報が確認できたりするので、とても便利だと言えます。